自然農法無農薬栽培の基本は自家採種

自家採種した自然農法無農薬の種もみ
自家採種した自然農法無農薬の種もみ

自家採種した自然農法無農薬の種もみ(品種:にこまる)

無農薬の田んぼに育ち、適応した種もみを残す

自家採種の意味

自然農法無農薬栽培の基本のひとつは自家採種です。この田んぼで育ち、この田んぼに適応した種もみを毎年選別して残していきます。そうして代々受け継いでいきながらこの土地の、この風土の、この田んぼに合った種に育っていきます。種もみもまた育っていくのです。自然農法無農薬の種もみを育て残していくことは自然農法水稲栽培を営むものにとっては欠かすことのできないとても大切な仕事です。そうして自家採種した種もみには、栽培者の思いや願いや真心も詰まっています。自家採種した種もみから育てた無農薬栽培のお米は一味違います。